オフィスビル群と青空

東京で起業するならバーチャルオフィスを借りよう

筆記用具

東京で起業する際に賃貸でオフィスを借りるとなると、初期コストは相当かかります。
まずオフィスを借りる際の敷金礼金、さらにはオフィスを稼働させるための様々な設備の準備など、お金が湯水のように出ていく事になります。
さらにそれだけでなく、家賃や光熱費、インターネットの回線費、消耗費にかかる雑費など、定期的に支払いが必要となるランニングコストもあるため、常にコストがかかる事にもなるのです。
そういった理由から、最近ではオフィスを借りずに自宅で起業するという方も珍しくありません。
しかしそうは言っても、自宅での起業には何かと問題が出てくる事もあります。
その一つが、仕事で使用する住所についてです。
たとえば登記の際に使用する住所や、クライアントと郵便物のやりとりをする際に使用する住所が、自宅の住所というわけにはいかない方も多いはずです。
そういう時に役立つのが、バーチャルオフィスです。
東京のオフィスの住所も安価で借りられるバーチャルオフィスなら、少ないコストで東京の中でも一等地の住所を使用する事ができるため、おすすめです。
また、バーチャルオフィスのサービスは住所の貸し出し以外にも、郵便物の転送や会議室の貸し出し、電話番号やFAX番号の貸し出しなどもあるため、非常に便利です。

フリーランスに東京都内のバーチャルオフィス利用がおすすめ

フリーランスの方でオフィス開設、もしくは事業場所となる住所を得たいと考えていませんか?しかし、仕事自体は自宅や外出先、取引先でもでき実態のある場所までは不用というのであれば、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。東京都内の住所を利用することができ、月額4千円ほどの金額で住所利用や郵便物の転送、電話転送のサービスを利用することができます。
ですが、東京都内のバーチャルオフィスを利用するメリットはこれだけではありません。フリーランスといっても、取引先との打ち合わせや商談を行うことも多数あります。東京都内のバーチャルオフィスでは、実際の会議室を無料、もしくは低料金で利用することができます。つまり、バーチャルオフィスを利用することで打ち合わせ場所の確保に悩まされることがありません。公共交通機関とのアクセスが良い物件も多く、移動手段に困らない物件を選ぶことも可能です。さらに受付スタッフが来訪者の応対を行ってくれるため、案内のサービスも充実しています。東京都内をオフィス住所とすることができ、打ち合わせ場所も確保できるバーチャルオフィスで、フリーランス活動を充実させてみましょう。また、フリーランスにとってメリットのあるサービスは、経理代行サービスなどもあるため、業務負荷を軽減することもできます。

東京のバーチャルオフィスを利用するメリットとは

オフィスを持たずに、自宅で起業する事を検討している方におすすめしたいのが、バーチャルオフィスの利用です。
これまでバーチャルオフィスを利用した事がなければ、バーチャルオフィスというのがどのようなサービスなのか、利用する事によってどのようなメリットがあるのか、ご存知ではないと思います。
そこで、バーチャルオフィスのサービス内容や、利用するメリットについてご紹介します。
まず、バーチャルオフィスがどのようなサービスなのかについてですが、バーチャルオフィスというのは簡単に言うと、起業用の住所の貸し出しを行ってくれるサービスです。
主にオフィスを借りずに起業する方によく利用されるサービスで、人気も高いです。
では、バーチャルオフィスを利用するメリットとはなんなのでしょうか。
1つはやはり、実際に賃貸でオフィスを借りる事に比べて、格段にコストを抑えられるという点です。
また、東京のバーチャルオフィスの場合、安い料金でいい立地の住所を借りることができ、そういった東京の一等地の住所を事業で使用する事によって、顧客や金融機関、公的な機関からの信頼や信用にも繋がります。
なので、これから起業を考えている起業家の方はぜひ、東京のバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょう。

最新の情報

最新記事一覧

関連リンク

Top